じゃがいも掘りまくり

じゃがいも掘りの最後の最後
惣四郎のじゃがいもを掘りの応援に行きました。

通称「びわの段」と呼んでいる赤土の畑です。
いつもなら一月中旬には掘り取ってしまうのに、今年はこんな時期になってしまいました。
12月におばあちゃんが亡くなって、おまつりがあったり、、
年末年始、セレベスの洗いの注文が多かったり、、いろいろな原因があるけれど、
それでも無事埋まってくれてましたよ。


乗トラに掘り取り機をつけて、ごっそり土ごとすくいとって、
振動でじゃがいもだけ後で落としていきます。機械ってすごいねぇ~

いや~~~相当良い出来です。
拾い甲斐あります!!!

これを2L以上と、それ以外に分けながら
2つのコンテナをひきずりもって
ひたすら拾うのが私の仕事。。。
腰を痛めんように、体勢を変えながら、拾っていきます。

もうちょっともうちょっと!!

ここの畑の良いところは、だんだん畝が短くなっていくところ。
終わりに近づくとさぁ~~~~~~っと終わっていきます。
これが反対やと疲れますよ~非常につかれますよ~(笑)

お父さん。機械はお手の物です。

コンテナが足りんなって、急遽玉ねぎ箱も使うことに;


だんなさんは拾いを手伝いながら、詰める一方から運んでいきます。
最後に一人で荷い出すって寂しいし、どっと疲れるきね~;

お父さんは乗トラを降りて、電柵の回収です。

午前と合わせると100コンテナ越の収穫でした。

大霜に遭っているのに、シビは少なく、
こんなに掘ってコンテナに半分もありませんでした。


上の畝町は去年生姜やったところ。
ほんとうにきれいな赤土。。 大自然とご先祖様に感謝!!


今日掘ったじゃがいもは、金曜市のお客さまに、
パレスホテルのエズさんに、高知市内の青果屋さんに、
高知市内の八百屋さんに、サニーマートとサンシャインの産直市に、
それから、いののレストパークさんに、、新百合ヶ丘のしょうが料理専門店さんに!
オーナーシェフ笹くんのお店「藁屋」さんに! 林のヤモリさんにも!!
そして、神戸の平山由香先生のお料理教室に、、東京で暮らす子供のところへ、、
それからそれから、通販のお客様にお届けしていきます。

園芸ものではないし、高知の特産でもないけんど、
八代の里山には、土物を中心とした少量多品目の輪作、
街路市での直接販売が合っちゅうのよね。


最近本当に思うのは、
食べるものを家族で作るって言葉にできんくらい幸せやということ。
きっと家庭菜園にも幸せがいっぱいあると思う。
お庭の片隅で、コンテナで、お野菜を作ってみてほしい。

それから金曜市に行きだして、おじゃがとかお芋掘るとき、
お客さんの顔が浮かぶようになったこと。 
これからも農業を続けていきたい原動力になっちゅう。


健康に気をつけて、家族で力を合わせて
これからも美味しいお野菜を作っていきたいな!

派手なことはできんけど、
みなさまのお手元に誠心誠意お届けしていきます^^





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ぽてこ

Author:ぽてこ
「高知水田農園」のブログです
収穫だよりや圃場の情報を お届けします!お野菜は愛宕金曜市や、産直コーナーにて販売中!
よろしくお願いします♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ